精麻の神かざり「精麻とは」

本職は神主をされている、素敵な先輩でお友達の龍祥さんが制作されています「精麻の神かざり」と

私、私知楽あんじぇいが制作しています「素焼きの勾玉アロマストーン」をありがたき流れで

「精麻と勾玉ネックレス」として、コラボさせていただいています。

素敵な巡り合わせに心より感謝しています。

本日は

こちらに「精麻と精麻の神かざり」について調べまとめてみました。

 

私の「素焼きのアロマストーンと勾玉」については次のページに掲載いたします。

 

~ 精麻の神かざり ~

【 精 麻 】 とは…

 ◎ 古来より『麻には神が宿る』と言われ、『邪気払い、魔除け』の効果があると言われています。

◎ 『塩や水でも祓えないけがれを払う力』もあるとされています。

◎ ご神事にも用いられ、『清め祓いと生命力の象徴』として神聖なものとされています。

◎ 人生の大きな節目には麻が使われ、古くから欠かすことのできないものでした。

◎ 麻は種を蒔いてから収穫までに110日と成長がとても早く、5~6mも成長し大きく根を張ることから

『人々の成長・発展・商売繁盛・子孫繁栄』 などを意味し 『縁起物』 として私たちと深く繋がっています。

◎ 伊勢神宮の、しめ縄は麻でつくられ、『お札・神宮大麻』 にも精麻が用いられています。

◎ 鈴緒とは神社でお賽銭をする時に鳴らす鈴に繋がる綱のことで、その鈴緒に精麻をつかっているこ

とから『私たちと神さまをつなぐアンテナ』であり 『神さまのよりしろ』 という意味も込められています。

◎ 精麻をしっかり撚って(よって)、しっかり捩って(もじって)、を繰り返し繩状に綯い(ない)、編みあげ

ています。右回りと左回りの逆回転を合わせることでほどけなくなり、『右回転にはエネルギーチャージ・

男性のパワー』 『左回転にはデトックス・女性のパワー』 があると言われ

その2つが合わさることで『調和する』と言われています。

◎ 身につけたり、玄関・神棚・リビング・キッチン・寝室・車・職場…

いつでも触れられる場所に飾り

        ことあるごとに触れたり、なでたり

『祓い清め整え習慣』 にすることを

私、私知楽あんじぇいはおススメしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です