どんな時も、運命の力より、魂(精神)の力が強いのだ。

私が感銘を受けた「数秘術」の資料より抜粋させて頂きました。

 

 

「 私たちは、地上に全体や他者と一心同体になりながら、
同時に自分らしさを発揮して助け合い、成長していく関係性を実現するために生まれてきたのである。

決して運命に翻弄されるために生まれてきたのではない。
運命にはある程度の傾向があることは事実だが、変えられない宿命というものはないのだ。

「不幸や災難が必ず訪れる時期」といったものは存在しない。
そのような宿命があると信じて怖れるから、実際に不幸な出来事を引き寄せてしまう。

恐怖心ほど、魂にとって有害なものはない。
恐怖心をもつこと自体が災難なのだ。
人は不幸や災難そのものよりも、不幸や災難に対する恐れや苦悩のせいで自滅してしまう方が多い。

もちろん不幸や災難は、訪れる時には訪れる。それはいかに立派な人であっても例外ではない。
しかし魂には、たとえ不幸や災難が訪れても、それを幸福へのチャンスに変える力が宿っている。

勇気を持ち、魂の力を信じ、奉仕の力をもって忍耐強く努力を続けていくなら、
その力は最大限に発揮され、不幸や災難から幸福や成功を生み出すこともできるのだ。

どんな時も、運命の力より、魂(精神)の力が強いのだ。

自己限定せず、必ずできるという確信を持って行えばたいていのことはできるのである。

こうした偉大な力が宿っていることを、数秘術を通して、縁ある人に示してあげてほしい。

恐怖や絶望の鎖から解き放ち、明るい未来に向けて飛翔していく力を目覚めさせてほしい。

これを、「数秘術を学ぶことになったあなたの使命の一つ」と考えていけるなら幸いである。 」

 

 

お一人お一人の偉大な力を、才能を、発揮して頂けますように・・・

数秘術を

私は 私知楽鑑定書、私知楽セラピーを通して、皆様へ お伝えさせて頂いています。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です